住宅ローンが払えない

住宅ローン

近年、仕事のリストラや病気、ケガというような理由で住宅ローンが支払えないという人たちも増えてきています。住宅ローンが払えないことが続くと、法的な手段をとられることがあります。その手段の一つが競売です。競売は、現在住んでいる自宅を競売手続きで売却されてしまうというものです。市場価値の半分以下の値段で売られてしまうということもあり、負債が残ってしまうということにもつながります。なんらかの理由で、住宅ローンの支払いが難しいと感じている場合、早めに対策を立てていくことが大切です。まず、考えることができるのが返済計画の再構築です。金融機関に相談して、ローンの借換えを行なう、生活費を見直す等の計画を立てていくことで、日々の負担を減らしていくことができます。

収入減などから、どうしても返済ができないという場合は、住宅を任意売却するという方法もあります。裁判所の競売と違う所は、きちんと相場の価格で販売することができるというものです。また、転居する日時の交渉や、転居費用の捻出もできることから、今後の生活を立て直しやすくなります。他にも、借金などがあり、住宅ローンの支払いだけでなく、他の返済も困っているという場合、任意整理や個人再生という方法があります。弁護士や司法書士に相談を行なうことで、現在抱えている負債を大きく減らしていくことが可能です。お金の問題は、心を重くし、精神的に追いつめられるものです。早めに解決することで、明るく日常をおくることができます。